PAST EXHIBITION
過去の展示




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後援:京都市/イタリア文化会館ー大阪,協力:イタリア政府観光局

 

 

大変好評でしたので、会期を8月30日(日)まで延長いたしました。

 

 

 

 

 

 


 

*   *   *   *   *    *    *    *    *   *    *    *    * 

アボリジニ絵画展September 21(Sat), 2013 ~ February 2 (Sun), 2014

Opening reception   September 21 (Sat) 18:00 ~

オープニングレセプション9月21日(土)17:00〜

 

FLUID - New Works by Yuriko Ando Lochan /Exhibit and Sale

うつろうもの ー 安東由理子ローチャン 新作展示即売会

August 10 (Sat) ~ September 16 (Mon)

 

ローチャン安東由理子

大阪に生まれる。京都市立芸術大学美術学部美術研究科 油画(大学院)修了。1987年12月インドに渡り、インド人としての生活がはじまる。しかし画家として作家活動を続け、インド各大都市のアートギャラリーで個展を開催、作品を発表し、現在に至る。傍ら、水墨のメディアを通して日本・東洋の文化に関する理解を深める活動を2010年よりインドと日本で開催。この25年間、インドのアートシーンの変遷をつぶさに観察する機会を得、自らも画家と交流し、グループ展やアーティストキャンプに参加してきた。インド美術に関するコラムやエッセイなども執筆、日本のガイドブックや企業季刊誌等に寄稿。2004年度文化庁に文化交流使に任命された。現在ニューデリーと奈良に住み、制作する。

 

Yuriko Ando Lochan 

Born in 1962, Osaka, Japan, Yuriko Ando Lochan completed her undergraduate studies and obtained a Master’s in painting from the Faculty of Fine Arts, Kyoto City University of Arts. She has participated in several group and solo exhibitions in Japan and India.

She lives and works in India (New Delhi) and Japan (Nara) .

“Bringing together the well- known Japanese brevity and minimalism with Indian experiences and expressions, she creates works that are refreshing and new. Shapes, radiant colours and idealised images dominate her canvas, not for their sensual and aesthetic qualities, but for the spiritual joy. “                                            - Swapnil Khullar

 

About “Fluid” -
The flowing of waters illustrates the transitory nature of this mutable world, while the fallen flower blossoms reproduce the cycle of life and death for all tangible things.  Thoughts are like the waters, never stopping, ever moving and changing.  The lotus is an apt symbol: While the flower’s color and shape seem to define the parameters of its existence, they seem as well to be part of something greater, something deeper, something that will diffuse and pass away.  All things visible and invisible to the eye and the depiction of what cannot be seen — if all of these form the essence of pictorial representation, then a flower in bloom, and the drawn lotus blossoms, and I who make the drawing, and the viewer of what has been drawn, all momentarily, just for a mere instant, hold the meaning of art.

今回の展示 “Fluid”  について -  ”うつろうもの”

水の流れに、無常の世を見、咲き、そして散る花は、形あるものの生死と再生。想いは、水とともにあり、とどまることなく移り変わるように思えます。蓮はその象徴・・・もはや花の色彩や形象は、その存在を許容しながらもっと深く大きなものの中にまじわり、拡散してゆくかのようです。目に見えるものと見えないもの、そしてその、見えないものを描くことが、絵画表現の本質であるとしたら、咲く花、描かれた蓮たち、描く私、そして作品を見る者が共有する刹那、その、ほんの一瞬に、芸術の意味があるのでしょう。

 

観峰忌 特別展:筆の舞 6月 8日(土) ~ 7月31日(水)

IN MEMORIAM: THE DANCING BRUSH     June 1 (Sat) ~ July 31 (Wed)


MASTER KAMPO’S CALLIGRAPHY – MEMOIR OF NEW YORK

MARCH 2 (SAT) ~ MARCH 31 (SUN)

観峰宗師の誕生日3月21日を記念して毎年3月はgallery Rokujianにて書の展示をいたします。今回はニューヨーク滞在中の未公開の作品もご覧頂けます。書友のみなさま、アートに興味のある方々ぜひおでかけください。

 

 

 


 

 

 

 

AGNETA  FLOCK  NORDIC ART EXHIBITION

   December 1 (sat), 2012 ~ January 20(sun), 2013

Closed every Monday and New Year’s Holiday ( Dec 28 ~ Jan 3)  Open 11:30 ~ 19:00

             アグネータ・フロック 北欧切り絵展

SONG OF THE INDIOS - LIGHT AND SHADOW OF THE ANDES  TADAYUKI NOGUCHI PAINTING EXHIBITION

     インディオの唄 – アンデスの光と影 -野口忠行絵画展

              Sept 1 (Sat) ~ Nov 25 (Sun), 2012         

Not only has Tadayuki Noguchi spent over 30 years drawing the native Indios of Peru, he has also contributed to the welfare of the people of the Cusco and Huancayo areas, paying out of his own pocket to build schools and provide learning materials for the students. His activities were recognized with the Japanese Foreign Minister’s Award in 2008.

Master Artist Noguchi has entranced us since 1981 with his depictions of the lives and culture of the people of the Andes, viewed lovingly and brought to life by Noguchi’s soft and colorful touch. Noguchi’s works of art over the years are not only highly regarded for their outstanding artistic values, they also have served admirably to introduce to Japan the lives of the people of the Andes and their valuable cultural heritage, thus contributing to greater mutual understanding between the two peoples.

Noguchi was born in 1938 in Okawa City, Fukuoka Prefecture in southern Japan. In 1964 he received awards at both the Fukuoka art exhibition and, as best new artist, at the Niki Exhibition, and in 1970 he received a further award at the West Japan Fine Arts Exhibition. This was followed in1981 by recognition in the European International Fine Arts Exhibition. Since 1981 Noguchi has visited Peru 21 times, holding exhibitions in Lima in 1982 and 1987. In 1987 he was invited by the city of Lima to hold an exhibition, and he was also featured in an individual exhibition in Japan’s Bungei Shunju Gallery. The 90th anniversary of Japanese immigration to Peru was marked by an invitational exhibition of his work in 1989. Noguchi presented the Peruvian village of Huatata, an hour’s drive from Cusco, with an elementary school. In 1994 an individual exhibition marked his 30th anniversary as an artist, and in 1995 Noguchi was awarded a commendation from his home town Okawa for his cultural contributions. To commemorate the centennial of Japanese immigration to Peru, in 1999 Noguchi contributed “A Parent and Child of the Andes” (FJ80). Fukuoka Prefecture in 2000 presented him with an award for his cultural efforts, and in 2001 he was recognized for his international contributions. He created a 1,500cmx245cm mural entitled “Inti Raymi” (Festival of the Sun) in 2004-05. In 2007 he was invited by Lima’s La Molina National Agrarian University to hold a one-man exhibition in May, followed by an individual show in October at the invitation of the National University of San Marcos. Noguchi donated his “Andean Mother and Child” (f100) to the Hogar Emanuel orphanage. During the 2008 International Year of the Potato, he was invited to hold individual exhibitions at Peru’s National Museum, La Molina University and elsewhere. In recognition of his many years of contributions to the welfare of the people of Peru, in 2011 Master Artist Noguchi received the Japanese Government’s Order of the Rising Sun with Gold and Silver Rays.

This exhibition includes 50 small watercolors on washi paper, created between 1981 and 1986. In these works, Noguchi warmly captures moments from the lives of the Indios, vividly preserving them so that the viewer can almost sense the brightness of the sun, the touch of the wind blowing through the Andes, and the echo of the music they play.

These paintings may be reserved for purchase, for receipt after conclusion of the exhibition.

野口忠行プロフィール

ペルーの原住民(インディオ)を描いて30年有余、取材の傍らクスコ、ワンカヨ地方の辺地に私財を投じて学校や教材を寄付するなど福祉活動を続け、平成20年(2008年)に、外務大臣賞が授与されました。

野口忠行画伯は1981年よりアンデスの人々の生活や文化を題材に、その温かい眼差しを通した、柔らかく色彩にとんだタッチと生き生きとした表現で私たちを魅了する作品を描き続けてきました。野口画伯の賞賛すべき、また長年にわたる作品は芸術的に素晴らしい価値を持つのみならず、この国の貴重で美しい文化的遺産であるアンデスの人々の生活を日本に紹介するうえで重要な役割を果たし、両国の国民の相互理解を深める上でも貢献されました。

1938年福岡県大川市生まれ。64年県展,二紀展初出品入賞入選。70年西日本美術展入賞。81年欧州国際美術展入賞。81年より南米ペルーの旅21回。82、87年リマ市内個展。87年リマ市招待作家展出品。文芸春秋画廊個展。89年移住90周年記念招待個展。93年ペルー・ワタタ村落に小学校寄贈。94年画業30周年個展。95年大川市文化功労賞。99年移住100周年記念「アンデスの親子」FJ80号寄贈。(100周年病院)2000年県文化功労賞受賞。01年国際貢献全国表彰。04−05INTI RAIMI(太陽の祭り)壁画制作。1500cm x245cm。07年5月ラ・モリーナ国立農大招待個展(リマ市),10月国立サンマルコス大学招待個展。エン・マヌエル施設「アンデスの母と子」f100号寄贈。08年5月国際ジャガイモ年招待個展(ペルー国立博物館・モリーナ大学その他)。長年のペルーの人々への福祉活動により2011年旭日双光章を叙勲。

本展では、色紙に描かれた未発表の作品(1981年から1986年の作品)50点を展示いたします。インディオの生活のひとこまひとこまは野口画伯の温かい目をとおして小さな和紙の上に生き生きと描かれ、あたかも、照りつける太陽、アンデスを吹き抜ける風、そしてそこで奏でる音までも感じていただけることと思います。

 ARTS IN NEPAL in ROKUJIAN

   JULY 1(Sun) ~ JULY 29(Sun)

 

 

 

” SPIRIT TRAILS ”   –   Paintings by Meena Baya

                          JUNE 9 (SAT) ~ JUNE 22 (FRI) 

Meena Baya’s website:http://www.meenabaya.com/

   

 

Gallery Rokujianでは、ミーナ・バヤ(ウダイプル/インド)による抽象絵画を展示しています。「Spirit Trails」と題された本展では、バヤの作品の特徴であるカジュアルな民族的絵画からさらなる発展をとげ、内と外の空間を分ける神秘的な境界について探求するような作品が22点紹介されています。鮮やかな色彩と控えめなトーンを駆使し、魅惑的なレイヤーやディテールが描かれます。最初にモチーフを決めずに筆を取ることで、完成した作品は、無意識の中から意識化されるモノを提示しています。そこには、花、動物、フェザー、魚のひれといった様々なイメージが想起されます。見る者の中に多様な感情やイメージを喚起する作品は75 x 18 cmと小さめのサイズで、自宅やオフィスのアクセントとしてもお買い求め頂けます。

 会期:6月9日~6月22日 午前12時~午後7時 

インド ラジャスタン地方で美術大学の教授もつとめるミーナは、自らの出身地でもあるウダイプールの人々の日常を、独特のユーモアをもって捉えた作風で知られています。市井の人々や動物を描き、こころ温まる愛情に満ちた彼女の絵画および彫刻作品は、多くの人々に支持されてきました。彼女の視線は、人間の存在そのものに向けられていて、地元の刑務所に拘留されている囚人向けにアートの講座も主催しています。ミーナの作品は、多くのインドおよび海外の公的機関、企業、プライベート・コレクションに収蔵されています。25年におよぶ制作活動の中で、インド、カナダ、ニュージーランド、ヨーロッパ、アジア、アメリカを含む、世界各地で展覧会を開催。本展は、日本での初個展となります。

 お問合せ:リタ・クビアック Rita Kubiak   Email: sunrise1055@gmail.com  Tel: 075-771-2025

 

 

 

 

 

    ” Black Magic ”   –   by Masataka Yuri  

         May 10 ~ 18, 2012         11:30 ~ 19:00


         

         

         

 NEPALI BUDDAH STATUES EXHIBITION

                April 7 (Sun) ~ May 6 (SUN)

 

                                      *

             

  MARI OTA “NEW DRAWING EXHIBITION”

                                 MARCH 3 (SAT) ~ APRIL 1 (SUN)

                       

 

 

                   

KATIA SWAFFORD – CHO PAINTING EXHIBITION

                

                  JANUARY 1 (Sun) – FEBRUARY 19 (Sun), 2012


Paintings by Katya Swafford-Cho

 

カティヤ スワフォード – チョウ
カティヤ スワフォード – チョウの鮮やかな絵は,美しく咲く神秘的な花のようであり、彼女の鮮やかな絵は,喜び,希望、そして優しい愛に満ちている。流れるような線と透明感のある色彩で抽象と具象を融合させた作品は、弾むような精神性と官能的な愛を感じさせる。故郷カリフォルニアの自然の光に満ちた環境と京都の豊な伝統的造詣に触発された独創的な作品からは、喜びと心をうつものが同時に感じられる。それらは生命の弾むような精神性の不思議な表現であり、見ていると楽しく、元気になる。

Katya Swafford-Cho

Katya Swafford-Cho’s vibrant paintings are like beautiful mystical flowers in bloom.Katya Swafford-Cho’s paintings radiate with feelings of joy, hope and compassionate love. The artist fuses liquid lines with luminous transparent colors in abstract-figurative forms to create a sense of buoyant spirituality, and loving sensuality. Influenced y natural light-filled environment of her native California and the rich visual traditions of Kyoto, the artist creates work that is inspired and original. The paintings are at the same time both joyful and poignant. They are magical expressions of resilient faith in life, and are uplifting to look at.

 

 

       JOHN EINARSEN PHOTO EXHIBITION

November 12 – December 25, 2011

 

ジョン・アイナーセン
ジョン・アイナーセンはKyoto Journalを創設した編集者であり、アートディレクターである。ベトナム戦争終結直前に初めて任務でベトナムに入り,横須賀を訪れる。日本に魅せられ、1980年代はじめから京都の東山に在住。アジアのアート、音楽、舞踊、写真などのプロジェクトに関わる。多くの本のデザインを手がけており、京都と禅に関する本も出版している。現在複数の大学で教鞭をとり、写真と仏教に興味をもっている。
In the Realm of Bicycle は、彼の自転車をテーマにした写真集で、今回 Café Rokujianに油絵作品を展示しているフランス人画家のTiery Le… が挿絵を描いている。

John Einarsen
John Einarsen is the founding editor and art director of Kyoto Journal. His first encounter with Asia was on a minesweeper that conducted operations in Haiphong Harbor during the last days of the Vietnam War. On his tour of duty he came to Yokusuka for fire fighting school and fell in love with Japan, vowing to return someday. He made it, and put down roots in Kyoto after he buried his backpack in the Eastern Hills in the early eighties. He helped produce Journey East with Robert Kowalczyk, an exhibition of Asian art, music and dance that was held in Moscow in 1994, and PeaceWorks, an exhibition of “Peace Photography” that was held at Yokohama Zaim in August of 2008.He has designed many books, as well as published his own, including Zen and Kyoto and In the Realm of Bicycle. He presently teaches at Kyoto Seika University and Kyoto University of Foreign Languages, and is interested in photography and Buddhism.


OIL PAINTING EXHIBITION BY TIERY LE…

Paintings by Tiery Le…

November 12 – December 25, 2011

ティエリー・ル…
フランス人ティエリ・ル…は、1999年より日本でアーティストとして活躍している。幼稚園のときに絵を書き始め、パリ、セルジ国立芸術大学で学んだ後、絵画,漫画,写真、ビィデオ、世界各地への旅行を通して蛇行する人生のありかたを探る。2000年から京都ジャーナルやヨーロッパ,アメリカ,アフリカの雑誌へ寄稿。東京や関西において定期的に展覧会を開催するほか子供から大人まで幅広い年代にアート、英語、フランス語を教えている。

Tiery Le…
is a French artist living in Japan since 1999…After studying Art in kindergarten and at the National Art School of Cergy, Paris, he has been exploring the meanderings of human existence through painting, cartoons, photography, video, various trips, procrastination and daily chores..
A contributer to Kyoto Journal since 2000 and other magazine in Europe, America and Africa, he also holds regular exhibitions of oil paintings in the Kansai area and Tokyo, and has been teaching Art, English and French to students of all ages and backgrounds.


 MARI OTA PAINTING EXHIBITION

太田麻里 作品展

Mari Ota painting exhibition

August 14 – October 2, 2011

コメントは受け付けていません。